スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本政策金融公庫ビックリ情報




打診していたM銀行から回答が来ました。



景気対応緊急保証で3000万 10年返済との事。



景気対応緊急保証の制度上10年がMAXなので



融資期間は致し方ない。



もひとつH銀行は耐用年数の問題で玉砕でした。



今回は返済比率を40%以下に抑えたいので



融資期間は15年以上欲しい。



という事で他行の結果も待つ事にします。



あと本日はびっくり仰天した事がわかりました。



日本政策金融公庫に申し込みしてあり



28日に面談になったのですが



日本政策金融公庫のネックだった



融資の実行と抵当権設定が同時に出来ないという点



なんと半年前から出来る様になったらしい



あとは融資期間が15年になればバッチリだ



これまで一旦現金購入してから融資実行



もしくは購入物件とは別の担保を提供



して融資してもらっていたので



非常に利便性が向上しています。



人気ブログランキング参戦中です。現在の順位は何位でしょうか?

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。