スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良区分マンションの契約




申し込みを頂いていた奈良区分マンション



契約が終わったとの報告が仲介業者さんより



ありました。



なぜかこのエリアは申し込みがドタキャンが多いので



無事に終わって一安心しました。



ちなみに12月はフリーレント



仲介業者さんから交渉がありましたので



OKしました。



最近意識しているのは



申し込み頂いた一人目で決める



という方針です。



もう少し具体的にいうと



家賃、敷礼、フリーレント、広告費等交渉



が入った場合すべて受け入れるという事です。



(鬼のような交渉はさすがに断りますが)



以前は家賃6万で募集していて



実際6万で申し込みが入った事もあり



5千値引きの家賃交渉の場合断っていました。



その結果 10ヶ月間の空室が発生しました。



今回の空室期間はドタキャンの期間も含めて



4ヶ月でした。



ではなぜ交渉が入った時に断らないのでしょうか。



多少の交渉をしてもこのオーナーさんなら



受けてくれる→ きめやすい物件→内見数増加



となるからです。



営業マンとしては決まらないと成績にならないですからね。



内見数が上がらない場合この辺を意識してみては



いかがでしょうか。



人気ブログランキング参戦中です。現在の順位は何位でしょうか?







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。